医療的ケア

医療的ケアの目的

 医療的ケアが必要な児童生徒に対して、看護師が医療的ケアを実施することにより、児童生徒の自立の促進、健康の維持・増進及び安全な学習環境の整備を図ることを目的にしています。

医療的ケアの内容

 医療的ケアは、医療機関としてのケアではなく、教育機関での支援として実施しています。主な内容は次の通りです。

1.痰の吸引
 唾液を飲み込む力や痰を吐き出す力が弱い児童生徒に対して、のどにたまった分泌物で息苦しくならないように、吸引器で吸引して取り除きます。
2.経管栄養
 食べ物をかんだり、飲み込んだりする機能が弱い児童生徒に対して、胃に取り付けたチューブから胃に直接栄養を送ります(胃ろう)。また、鼻や口に挿入したチューブから、直接栄養を送る方法もあります。
3.導尿
 自分で排尿が困難な児童生徒に対して、カテーテルと呼ばれるチューブを使って膀胱内の尿を出します。
4.その他
 愛知県立特別支援学校における医療的ケア連絡協議会で協議・承認され、学校長が認めた行為も行っています。(例 酸素管理等)

医療的ケアの対象者と実施者

 学校に通学している児童生徒のうち、日常的に医療的ケアを必要としている児童生徒に対して、13名の看護師が実施しています。

愛知県立名古屋特別支援学校医療的ケア実施要項

愛知県立名古屋特別支援学校における医療的ケア実施細則